終末期宣言

終末期を考える市民の会 会報誌95号
                             2015年12月12行 無断転載不可 

会報一覧へ戻る


(1〜5頁) 

【秋の講演会】「認知症のままのあなたが最高」

  〜500人余りの方を見送って〜

  〜介護だけではない介護施設〜 
2015年10月19日   於 文京シビックセンター・3階会議室

講師 三浦 眞澄 氏
 ((株)アポロ・サンズHD代表取締役会長)
はじめに
認知症の生き方
その分類とケアの仕方
認知症自己診断テスト
記憶低下の特徴
認知症の予防法
実践療法
施設紹介
施設内託児所
そうかアンパンマンか
お別れ会
漂うコルクに寄り添って
著書「入り舞」 楽しく素敵に老いを寿ぐ
最後に

アンケートより


(6頁)
第26回 2016年度総会及び記念講演会


日時  2016年1月31日(日) 14:00 開場(受付開始)
      14:05〜14:30 定期総会
      15:00〜16:40 講演(質疑応答含む)
場所  スカイホール 文京シビックセンター26階

講師  上野 千鶴子 氏
  上野千鶴子 1948年富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了。

        社会学者・立命館大学特別招聘教授・東京大学名誉教授。
        認定NPO法人ウイメンズアクションネットワーク理事長
        専門は女性学、ジェンダー研究。この分他のパイオニアであり、
        指導的な理論家のひとり。高齢者の介護問題にも関わっている。

演題  「おひとりさまの最期」

参加費  1,000円(当日支払)

申し込み 事前に住所・氏名・電話番号・参加人数を1月20日迄に下記へ
   TEL・FAX 03-5814-2262(市民の会事務局)

◇会場案内 文京区春日1-16-21 (文京シビックセンター内) TEL03-5803-1100
地下鉄南北線・丸ノ内線「後楽園」徒歩1分
都営地下鉄三田線「春日」徒歩3分・都営地下鉄大江戸線「春日」0分

主催 終末期を考える市民の会  文京区千駄木3―28−10−304



編集だより
 先日アフリカのとある小さなむらでのお葬式をテレビで見ました。魚や鳥、キリン、お酒のビン等の形をした棺桶(生前の職業や遺言、家族の象徴等で決める)を皆で担いで墓地まで行きます。志は再生の証なので、集まった人々は陽気に歌い踊ってお祝いします。その余りにも楽しそうな光景に少しなからずショックを受け、日本文化の真只中も居る自分を改めて実感しました。
 さて、来年の講演会は社会学者 上野千鶴子氏をお招きします。11月に「おひとりさまの最期」を上梓され、その演題でのお話です。挙ってお出かけ下さい。
 尚、会員様からの手記及びアンケート調査報告第2弾は紙面の都合上、少し遅れますが、来年夏号に体裁させて頂きます。
 それでは皆様、良い年をお迎え下さい。
        坂東 遥


会報一覧へ戻る