終末期宣言

終末期を考える市民の会 会報誌93号
                             2015年4月1日発行 無断転載不可 

会報一覧へ戻る


(1〜4頁) 「がんにやさしいお財布とは」
   〜がんと告げられた時考えること〜
 2015年2月15日(日)
 於 文京シビックセンタースカイホール


講師 内田 絵子 氏 (NPO法人ブーゲンビリア理事長

幸せな医療
市民主体の医療を実現
 ・学び
 ・癒し
 ・国際協力
 ・提言活動
支えあい、ピアサポート
2015年の医療
がんと告げられた時考えること
 その1、その2、その3、その4、その5
がんに「やさしいお財布」について考える
 その1、その2、その3
最後に

アンケートより


(5〜6頁) 「終末期を考える市民の会」
第25回定期総会報告
     
  日時 2015年2月15日(日) 
  会場 文京区シビックセンター スカイホール

   総会次第
     第一号議案 2014年活動報告 (会の紹介に掲載、参照してください
     第二号議案 2014年度決算報告
     第三号議案 2014年度会計監査報告
     第四号議案 2015年度役員選出案 (会の紹介に掲載、参照してください
     第五号議案 2015年度活動計画(会の紹介掲載、参照してください
     第六号議案 2015年度予算案


(6頁)【小学習会おしらせ
   ◇学芸会 5月10日 高齢者ホーム「シルバーヴィラ向山」主催 午前11時開演 午後2〜3時終演
   ◇懐かしの幻灯会 6月か7月を文京区で


編集だより
 風に舞う桜の花びらに。いのちの美しさとはかなさを想う今日この頃。
 今回は会報と共に「アンケートと手記のお願い」を同封致しました。会員のみなさまの思いや声をもっと反映し、より良い会の活動と発展につなげて参りたいと存じます。ご協力よろしくお願いいたします。
 なお、6月末の締切までにご返信いただければ幸いに存じます。
 子供の頃と違い、季節がいそぎ足でやってきて、あっという間に去っていく。そんな気がします。だからこそなお一層今を大切に、と思う日々です。
        坂東 遥



会報一覧へ戻る