終末期宣言

終末期を考える市民の会 会報誌92号
                             2014年12月25日発行 無断転載不可 

会報一覧へ戻る


(1〜5頁) 
「生き方から、逝き方を支えて50年」

  〜介護だけではない介護施設〜 

2014年10月19日   於 文京シビックセンター・スカイホール

森 一成 氏
 講師 社会福祉法人 合掌苑 理事長

合掌苑のご紹介
創業の物語
理念研修
お客様の暮らし
お客様から言葉
究極のサービス業・その価値
スタッフ
働く目的と価値
責任と使命

アンケートより


(6頁)
第25回 2015年度総会及び記念講演会


日時  2015年2月15日(日) 14:00 開場(受け付け開始)
      14:20〜14:50 定期総会
      15:00〜16:40 講演(質疑応答含む)
場所  スカイホール 文京シビックセンター26階

演題  
「がんとお財布」がんと告げられた時考えること〜

講師  内田 絵子 氏
NPO法人ブーゲンビリア理事長
内田 絵子 1949年東京生まれ。夫の赴任地シンガポールで乳がんを手術。その体験を元に帰国後、乳がん患者の会「ブーゲンビリア」を立ち上げる。活動が認められ「東京都がん対策推進協議会患者委員」等を勤め、現在、患者の立場から医療の改善を目指し、全国講演活動中。
     東京家政大学名誉教授・日本社会事業大学名誉博士


参加費  1,000円(当日支払)

申し込み 事前に住所・氏名・電話番号・参加人数を2月11日迄に下記へ
   TEL・FAX 03-5814-2262(市民の会事務局)

◇会場案内 文京区春日1-16-21 (文京シビックセンター内) TEL03-5803-1100
地下鉄南北線・丸ノ内線「後楽園」徒歩1分
都営地下鉄三田線「春日」徒歩3分・都営地下鉄大江戸線「春日」0分

主催 終末期を考える市民の会  文京区千駄木3―28−10−304



編集だより
 今年は2月の大雪に始まり、猛暑や集中豪雨、御嶽山噴火など異常気象による災害が続き、さらに年末には衆議院解散総選挙が行われ、日本列島は足元が定まらない印象でしたが、フィギュアスケートの羽生結弦君が見事な演技により、世界選手権ファイナルで優勝してくれたので、やっとバランスが取れた心地です。
 さて来年は、総会と共にブーゲンビリア理事長。内田絵子氏の講演会で幕が開きます。乳がんの手術をなさったご自身の体験からがんについて、又医療の改善についての活動を精力的に続けていらっしゃいます。その魅力とパワーに触れるチャンスです。是非ご参加下さい。
 それでは寒さ厳しき折、くれぐれも偽慈愛下さり、良いお年をお迎え下さい。
        坂東 遥


会報一覧へ戻る