終末期宣言

終末期を考える市民の会 会報誌82号
                             2011年09月20日発行 無断転載不可 

会報一覧へ戻る


(1〜3頁) 
命どぅ宝を支えるてぃーあんだ
第19回 日本ホスピス・在宅ケア研究会
全国大会in沖縄

 2011年7月16日〜17日
      
於 宜野湾市 沖縄 コンベンションセンター


    大会に参加して
    講演 「小児がん患者の支援−トータルケアの歴史−」
    講演 「神経科医療の挑戦−医療と福祉の統合をめざして−」
    シンポジウム
     第一部
     第二部
  講演 「がん患者家族外来・第二の患者を支える」
    最後に


(4頁) 
    「いっぷく荘」にいって来ました。


(5頁) 
    胃ろうについて
   「胃ろう」をどう考えますか
      ・利点
      ・難点


6頁) ◇秋の講演会◇
〜あなたの老いじたくは大丈夫ですか〜
「後悔しない最期の時の迎え方」

講師 在宅ホスピス医・立川在宅ケアクリニック院長
  井尾 和雄 氏

日時 2011年11月5日(土) 13:30会場(受付開始)
14:00〜16:00 (質疑応答含む)
会場 文京アカデミー音羽 学習室A
        東京都文京区大塚5−40−15  TEL:03-5976-1290
          地下鉄有楽町線 「護国寺」駅下車 徒歩2分
          バス停「護国寺正門前」駅下車 徒歩3分 「護国寺前」徒歩1分
        こちらをクリックすると地図が開きます

◇講師紹介◇
昭和27年熊本生まれ。日本大学学芸学部写真学科・帝京大医学部卒業。
帝京大学病院麻酔科。井上レディスクリニック麻酔科勤務を経て平成12年井尾クリニックを開業。平成20年移転と同時に立川在宅ケアクリニックに改称。専門は麻酔科、在宅談話ケア、趣味ゴルフ・映画・写真。


参加費 500円(当日支払い)
TEL・FAX 03-5814-2262
ご出席の方は事前に住所・氏名・電話番号・参加人数を明確にしてお申し込み下さい。
    終末期を考える市民の会 事務局
      〒113-0022 東京都文京区千駄木3-28-10-304


編集後記
在原業平の歌に「ついにいく 道とはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思はざりしを」というのがあります。東日本大震災により、生と死が身近なもので有ることを、多くの方が実感なさったのではないでしょうじゃ。人生の最期をどこで、どのように迎えたいか。その為にはどんな心構えや準備が必要か。これからもみなさんとともに考え、語り合って、学習していきたいと思います。
 坂東 遥


会報一覧へ戻る