終末期宣言

終末期を考える市民の会 会報誌73号
                             2008年12月10日発行 無断転載不可 

会報一覧へ戻る


(1〜3頁) 
認知症の妻を家で看取る
 
2008年10月24日(金)
        
スカイホール(シビックセンター26階)

講師 長谷川 正 「認知症の人と家族の会」会員

     *初期
     *中期
     *重度期
     *崩壊期
     行政の障害者支援
     おわりに


(4〜5頁) 
  10月の学習会から
    死とは何か、「あの世」と「この世」

      「死」とはなにか
      多細胞生物は性と死を手にした
      魂、霊は残るか
      テレビ画面と電磁波
      ノーベル物理学賞を
      量子力学と東洋哲学


(6頁) 
    2009年度総会及び講演会     
  日時 2009年1月18日(日)  午後2時30分〜午後4時30分
  会場 スカイホール(シビックセンター26階)
        東京都文京区春日1-16-21(文京区役所内)
          地下鉄南武線・丸ノ内線  後楽園駅下車 徒歩1分
          都営地下鉄三田線     春日駅下車 徒歩3分
          都営地下鉄大江戸線    春日駅下車 徒歩0分
          JR  水道橋駅下車 徒歩8分(後楽園遊園地の先を左折)
        こちらをクリックすると地図が開きます

  講演 不治の病の夫との暮らしの工夫
  講師 善家 裕子 武蔵村山市議会議員{年齢67歳}
     脳挫傷、脳梗塞、認知症、失聴症などの障害を
     抱えた夫を、在宅で看取りながら
     余命1ヶ月と主治医に言われて4ヶ月

  参加費  無料:  事前申し込みをお願いします。
  主催  終末期を考える市民の会
          文京区千駄木3-28-1
          電話・FAX 03-3823-0887


編集後記
 明けましておめでとうございます。今年も昨年同様よろしくお願いいたします。昨年は10月に朝日放送が取材に来まして、月末に「リビング・ウイル」の題で放映し「終末期を考える市民の会」を紹介してくれました。DVDが来ておりますのでご覧になりたい方にはお貸しします。
 私も年が八十の半ば近くになり、何時までこういうことがやっておれるのか、心もとない思いになっております。変わってやろうといわれる方はおられませんか?
(西村)


会報一覧へ戻る