終末期宣言

終末期を考える市民の会 会報誌71号
                             2008年6月18日発行 無断転載不可 

会報一覧へ戻る


(1〜3頁) 

『死ぬ瞬間』
 On Death and Dying
        E・キューブラー・ロス 著
   第1段階 否認
   第2段階 怒り
   第3段階 とりひき
   第4段階 うつ
   第5段階 受容

この本の訳書を読んでの学習・語り合い
  小学習会 会場 チムニ千駄木店
         日時 平成20年5月12日

・死に対しての会話
・看護士たちは
・聖職者たちは
・家族たちは
・患者たちは
・かけがえのない贈り物
・臨死患者のセラピスト 


(4頁) 
    第16回 日本ホスピス・在宅ケア研究会
          全国大会in千葉

     
  日時 2008年7月12日(土)・13(日)  午前9時〜
  会場 幕張メッセ国際会議場
  参加費 事前申し込み ¥5,000円 当日¥6,000円 1日¥3,000円
  交通 JR京葉線 海浜幕張駅下車徒歩5分

   講演
     在宅エンド・オブ・ライフの課題              近藤 克則
     ホスピスケアからコミニュティケアへ           山崎 章郎
     在宅ホスピスケアの20年を振り返って         川越 厚
     命と向き合う一日本人とガンと暖和ケア        中川 恵一
     暖和ケアチーム                       下山 直人
   シンポジューム  新たな局面を迎えた暖和ケアの今後 等
   その他 一般演題・展示・書籍・癒しのコーナー ほか
   主催 日本ホスピス・在宅ケア研究会  千葉大会実行委員会
          ホームページ http;//www.hospice.jp/index.html
          第16回 日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in千葉 http://www.hospice.jp/2008chiba/index.html


編集後記
 ねじれ国会に無党派はウンザリしている。後期高齢者医療制度とメタボリックの特定(義務付け)検診・特定保健指導の実施は、一年前の国会で決まっている。実施になったのは今年の4月になって始めて野党は問題を国会に取り上げだし、マスコミも報じ始めた・一年前の「2008年4月から施行」を決める時に、法案に反対を言えばよかったのではないか。
 国会や議員・政党は、法案の是非ではなく、解散、総選挙の、党利党略だけを考えているのではないかと、いまさらのように、あきれ、不信感を抱かざるを得ない。
 市民の会では2006年6月会報No.63号で、2007年3月会報No.66号9月会報No.68号で取り上げて問題点を指摘している。取り上げるのが早すぎたのだろうか?
(F・N)


会報一覧へ戻る