苦痛の除去について

苦痛の除去のために使われる方法を具体的に説明します。

  (1)鎮静剤の使い方

  (2)WHO方式がん疼痛治療法(三段階除苦痛)

  (3)鎮 痛 薬

  (4)鎮痛補助薬

  (5)セデーション(鎮静)

 用語一覧へ戻る 『私が選ぶ、私の死』角川文庫参照

 


(1)鎮静剤の使い方

 鎮静剤は非オピオイド性鎮痛剤、モルヒネの順番に使用します。 モルヒネに反応しにくい痛み(神経圧迫、骨転移等)には鎮痛補助薬や 他の治療薬が必要となってきています。モルヒネは内服(MSコンチン錠)を原則としますが、内服できないときは持続性皮下注入法を施行や座薬で対応します。

 

 

 


(2)WHO方式がん疼痛治療法(三段階除苦痛)

  第1段階 非オピオイド鎮痛薬

    ▼                   ±鎮痛補助薬

     痛みの残存、増強

     ▼                  ±鎮痛補助薬

  第2段階 .弱オピオイド鎮痛薬+非オピオイド鎮痛薬

    ▼                   ±鎮痛補助薬

     痛みの残存、増強

     ▼                  ±鎮痛補助薬

  第3段階 強オピオイド鎮痛薬+非オピオイド鎮痛薬

    (±は適応のあるときに併用する薬を示す)

 

 

 


(3)鎮 痛 薬

 非ピオイド鎮痛薬  アスピリン

 弱ピオイド鎮痛薬  コデイン

 強ピオイド鎮痛薬  モルヒネ

 

 

 


(4)鎮痛補助薬

 向精神病薬     カルバマゼピンなど

 抗けいれん薬    コントミンなど

 抗不安薬      セレネースなど

 抗うつ薬      アミトリプチンなど

 コルチコステロイド プレドニゾロンなど

 

 

 


(5)セデーション(鎮静)

 モルヒネを大量に使っても鎮痛効果を得られない場合が10%程度ある。

 その時鎮静剤や睡眠薬でしばらく眠らせる措置をセデーションという。

 


用語一覧へ戻る 『私が選ぶ、私の死』角川文庫参照