本の紹介 (会発行または会員著書の紹介)

「終末期を考える市民の会」では年に1,2度ブックレットの発行を行っています。在庫のなくなったものもありますが、題名を紹介します。
 購入を希望される方は事務局へFAXまたはメールでお願いします。

直線上に配置

「終末期宣言−満足な終末期を迎えるために−」 西村文夫著 あけび書房
「私が選ぶ、私の死−終末期宣言のすすめ−」 西村文夫著 同時代社
「私が選ぶ 私の死−終末期宣言のすすめ−」 西村文夫著 角川文庫 1999年11月
       (同時代社の同名の本に「終末期宣言」(あけび書房刊)を加え、さらに補筆したもの。
「安らかな死を考える」 西村文夫・鎮目和夫共著 日本プランニングセンター
「家で死ぬということ」 西村文夫,宮原伸二共著 三天書房
「美しく老い、美しく死ぬ」 宮原伸二著 三輪書店
「老いを支える医療福祉」 宮原伸二著 三輪書店
「家で生きる」 矢島 嶺著 銀河書房

直線上に配置

終末期宣言ブックレット 「終末期を考える市民の会」発刊 B6 70−120頁

T「終末期宣言を問う」 シンポジウム 樋口恵子・井田恵子・西村文夫・五木田時子
U「脳死と臓器移植」 西村文夫
V「終末期宣言とインフォームド・コンセント」 対談 西村文夫・沖藤典子
W「東海大学の安楽死事件を問う」 シンポジウム 鈴木利廣・田中蘭子・山口勝夫
X「自己決定権と終末期宣言」 西村文夫
(参考書アメリカの自己決定権法・カリフォルニア州の「代理委任状」・オレゴン州の「生前の意思表示」)
Y「医の心」 宮原伸二
Z「廿一世紀の死」 シンポジウム 樋口恵子・宮原伸二・西村文夫
[「『死』を学ぶ学級講座」 西村文夫・宮原伸二・上田幸夫
\「『在宅死』を考える」 シンポジウム 西嶋公子・新津文子・宮原伸二
]「ホスピスの源流を訪ねる」 水野金一郎・西村文夫・榊康彦
]T『在宅死』を考える」パート2 シンポジウム 宮原伸二・宮崎和歌子・池辺史生
]U「スウェーデンの福祉 今日と明日」 西村文夫・金澤安子・星桂・原輝恵・岩崎君枝
]V「『在宅死』を考える」パート3 波多江伸子・星野太意子・真鍋忠博・今井清水・田中愛子・西村文夫